娘のゴハン

お弁当キロク

このとき用意した曲げわっぱのお弁当箱。
日に日に可愛らしいものやプリンセスものが好きになっている
長女ですが、お弁当箱はこれが気に入っている様子。







 




























ほとんど残すことなく食べてくるのが嬉しくて、お弁当作りも
バタバタながら愉しませてもらいました。
少しすると半日保育。
夏休みが終わるまで、わっぱさんも休憩です。





にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

夏のおやつ


夏になると、どうしても食欲が落ちがちな長女。
(私は落ちません 笑)
こんなおやつならどうかな?と
ジャガイモをスライスして揚げて
ポテトチップスを作りました。
お昼寝から起きてきた長女に見せると、とても嬉しそう。
「じゃあ、カルピスもおねがいしまーす」と
飲み物のリクエストも。
意図的(笑)に薄めに作ったカルピスをゴクゴク飲みながら
ポテトチップスをパリパリ。
気温差も激しく、大人でも体調を崩しやすい日が続いていますが
しっかり食べて、寝て、遊んで、
子どもの成長を支えていけたらと思っています。







おやつ


しとしと雨の降る寒い日、
外で遊べなかったので、娘と初めてのクッキー作りを
しました。近頃台所仕事に興味津々な娘は大喜び!
途中、何故か卵を顔に塗りたくっておりましたが^^;
概ね順調に進み、無事オーブンへ。
焼きあがるときの甘い香りが部屋中をつつみ込みました。
小麦粉と砂糖と卵とバターのみのシンプルなお菓子。
形も御愛嬌なクッキーですが、久しぶりに
家で作るお菓子の美味しさを噛み締めました。

その後もパンケーキを一緒に作ったり、
ホームベーカリーに粉や牛乳を投入するところを
やってもらったり(←派手にドサドサ入れるので出来上がりが
心配でしたが、いつもより上手に焼き上がりました。不思議 笑)。
娘に出来るところは少しずつやらせています。



こちらは、娘のお昼寝中に作ったプリン。
型だけは、もう半年以上前から買ってあったのですが
なかなか重い腰があがらず・・・。
プリン好きな娘がお砂場で「プリン、ドウゾ」と
砂のプリンを何度も作ってくれたのをキッカケに
やっと作りました。
そしてぼこぼこプリンの出来上がり。
かなり改善の余地オオアリです。
器は「ゆずりは」の保育椀セット。
毎日使っていますが、手触りの良さは
購入したときと同じ。使い勝手の良い器です。






トマトのピカタ 


TVで子どもの野菜克服メニューとして紹介していた
トマトのピカタをその日のお昼に。
もっとも娘の場合、トマトは大好きな野菜で
切ってそのままパクパク食べるので
アレンジする必要はないのだけれど、美味しそうだったので(^^)
スライスチーズもハムも冷蔵庫には無く、
卵にパルメザンチーズ、グリエールチーズを
すりおろし、小麦粉を加えてトマトにからめて焼いただけの
大幅省略料理に・・・。
それでも、焼きトマト大好きな私には満足の味♪



他にはキャベツとアンチョビのパスタを。
パスタはお気に入りマルテッリ。
先日の鎌倉でdeux mille deux(ドゥミルドゥ)にてリピート買い♪
午前中公園に行くときは、お昼を用意してから出かけるので
なかなかお昼にパスタが登場出来ずにいたけれど
この日は朝から雨。
すかさずパスタにしたのでした。


ここの一画で苗を買ってきて、育てていたプチトマトを初収穫。
味も色ツヤもなかなかなトマト。
娘も大喜びで食べていたので、良かった良かった!
それにしても、そのくらい他の野菜も食べてほしいもの。
3ヶ月前はスープにすれば食べていたのに、この頃は・・・。
味噌汁も「わぁ、オイシーっ!!」と言って汁だけ飲む(笑)
御飯や麺に入っている野菜は食べるのだけれど、
野菜のみだと今はトマトくらい。
去年はラタトゥイユだって食べていたのにー!!
まあ、フリッジに混ぜたりすれば食べるので
心配はしていないけれど
何でもかんでも混ぜるのはどうか・・・と思いながら
でも食べて欲しいとも思う母ゴコロもあり
いつも何だかゆらゆら揺れながらの食事づくり。

それでも、娘の食べる・食べないは気まぐれで
この間まで首を横に振って食べなかったモノを
アッサリ食べるようになったり
その反対もあり、なので
あまり、そこには気をまわさないように
淡々とゴハン作りをしていくのが良いのかなと。





青菜は・・・

娘の食事

こんな風に刻んでチャーハンにすることが多いです。
今回使ったのはカブの葉っぱ。
カブの葉を茹でただけでは食べないけれど、
ご飯に包まれると食べやすくなるようす。
前の歯しか生えてない娘には、
青菜を噛み切ることがまだできないのです。
意外にも葉よりも茎の方が食べやすい感じ。
なので、青梗菜や白菜の軸の方は好んで食べます。

娘の食事を見ていると、咀嚼レベルにあわせた食材の選び方、
調理法がわかるようになってきたので、
これはかなり良い経験だなぁと思いながらも
1歳児の気まぐれ食欲につきあう、トホホな日々(^^)
ちなみに離乳食のときの青菜はこんな感じや
こんな感じに。
こうして振り返ってみると、あぁこんな食事をしていたのね。
と、なかなか感慨深いです。
不思議なことに、育児って
何故か数ヶ月前のことでも、
記憶が定かでは無くなるものなのですね(私だけ? 笑)
最初は「こんなかけがえのない経験、絶対忘れる筈がない!」と思っているのに
「あれー??」と、きれいさっぱり忘れてます。
なので、こうして記録しておくことは
貴重なのかもしれません。

この日の黒米チャーハンは
白米、発芽玄米、黒米、きび、カブの葉、釜揚げしらす、胡麻で構成。
私の分はこれに刻んだ梅干をプラスしました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。