ベビーグッズ

ドゥ・セーの園グッズ

入学、入園式シーズンですね。
この春から未就園児クラスに通う次女へ♪と
コップ入れとナプキンの
可愛い贈り物をいただきました。


ドゥ・セーは特にベビー&キッズアイテムがが可愛くて。
我が家でもいろいろ愛用中です。


傘と長靴。




レインコートも活躍中(^.^)
椅子は先月広松木工のワークショップで
作ってきたシェーカーキッズチェア。




座ったり、おままごとに使ったりとこちらも大活躍です。




ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリック↓いただけると大変嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




もうひとつ ムーミンの贈り物

実家の両親が選んでくれた次女のお誕生日プレゼント。
こちらもムーミンでした(^.^)
お話の内容はもちろん、表紙の絵にもとっても癒されます。





先日ムーミンカフェに行って、一層ムーミン好きになった次女も
大喜び♪

ムーミンカフェの窓♪可愛いです。







これは、もう少し大きくなってからかな。
私がじっくり読もうと思います。






「ムーミン谷赤ちゃんの本 はじめての一歩」
は、生まれる前のできごと~小学校入学までの成長記録が書ける
ようになっています。

そのときは覚えていても、少し経つと「あれ、いつ出来てたっけ?」と
記憶が薄れてしまう
子どもの成長の一瞬一瞬を記していくのにぴったりです。
私も記憶をたぐりよせて、書いていこうと思います(^.^)



ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリック↓いただけると大変嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





子どものお手伝いとIKEAグッズ

次女、2歳8ヶ月。
台所仕事に興味津々なお年頃・・・。

料理に興味を持つことは、大歓迎♪
(長女とスツールの取り合いでケンカが始まるのは勘弁ですが(涙))
お姉ちゃんのときもそうしたように、IKEAのキッズ用食器<カラス>に
入っているナイフでりんごやウィンナーを切っています。
ちなみに長女は3歳を過ぎた頃から、ヘンケルスの子どもも使えるという小さめの
包丁でいろいろ切り始めました。





次女にウィンナーを切ってもらい、お昼に作ったケチャップライス。
少しでも自分が参加すると嬉しいようで、お替りをして
沢山食べました。
お食事用エプロンもIKEA♪


赤と青の2枚セット。

以前のお食事用エプロンより大きめになった感じで
対象年齢24ヶ月までになっていますが、24ヶ月をかなり過ぎている次女
(服のサイズは90センチ)でも問題ナシです。
毎日洗濯機でガンガン洗っていますが、丈夫で我が家には
なくてはならないグッズです。




御訪問ありがとうございます。
応援クリックいただきありがとうございます。


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


木のおもちゃ

「クリスマスに渡してね」
とハワイに住む妹が航空便で送ってくれたのは
木でできたコーヒーメーカーのおもちゃ。





















コップの色が水色だったり、木でできた牛乳パックには牛さんの絵が
描いてあったり、本当に可愛らしい。
子ども達も「おちゃ、どうぞ」と言いながら、
楽しく遊んでいます。
素敵なクリスマスプレゼントをどうもありがとう。







次女がサンタさんからもらったのは、カワイのミニピアノ。
ばおばぶさんのところや、遊びに伺ったお友達の家で見て
すっかり気に入ってしまいました。
自分の欲しいモノもしっかりリクエストして貰った
長女が、沢山弾いています(笑)
木のおもちゃはリビングにあると和むので大好き。
次女が自分の欲しいモノを主張するまでは、親好みで
楽しもうと思います。










にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

春を待つ

(ちょっと乗り遅れていますが^^;)セールの季節ですね♪
暖かくなった頃にちょうど良い娘たちの洋服を見つけました。

元町に行くと必ず伺っていたお気に入りのお店。
なんと来月で閉店。日本から撤退してしまうようです。
スモーキーな色使いが大好きだったお店だけに残念(涙)。
「もう日本で買えないのなら、今のうちに買っておいたら?」という
オットの言葉で弾みをつけ(笑)
少し大きめのサイズも購入♪



















子どものお洋服を選んでいる時間、大好きです。
そのうち、子ども自らの好みが出てくるのでしょう。
いまのうちに愉しませてもらおうと思っています。
どちらかというと、数を沢山というよりは、お気に入りのモノを
いっぱい着て洗濯して・・・を繰り返しています。
そんな長女が着られなくなったお気に入りの洋服も
今度は次女に着せて、また見ることができると
嬉しい気持ちになるのです。