2007年12月

お正月読本


kobeyaさん が、「年末年始に読む本」をご紹介しているのを
拝読し、私も~♪と、お正月に読む(読みたい)本を用意。
しかし、1冊はすでに読破(笑)
いろいろしなければいけないときに限って
読みたくなるものですね~。
テスト前の現実逃避状態のようです。

ご近所の方がつきたてのお餅をお裾分けしてくださり、
湯気の出ているお餅をいただきながら
お正月が近いのだなぁと
のんきに思ってみたり・・・。

そうこうしているうちに、もうすっかり暮れも暮れ。
今年もゴハンノオトに遊びに来てくださり
どうもありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

良い新年をお迎えくださいませ。







スポンサーサイト

柚子

「今年は豊作だったのよ」と
ご近所から柚子をたくさん頂戴しました。

何を作ろうかいろいろ考え
柚子のはちみつ生姜漬けを作ることに。
お湯をそそいで毎日、幾度となく飲んでいます。
美味しいし生姜が入っているので体があたたまる感じ。

今年初めて作った柚子巻きやはちみつ生姜漬け。
どちらも冬の風物詩として、
これからも作っていこうと思ったのでした。









リンデンバウムのデニッシュ


美味しいパンが食べたいな~。
お取り寄せをしようかな。
と、思いながら日にちだけが過ぎていっていた
ある日の夕方、
仙台の友人Mさんからたくさんのデニッシュが届きました。
昨年も、冬に贈ってくださった美味しい、美味しいデニッシュ。
ナトゥーラさんの入荷と同時に、
我が家へも発送してくださったとのこと。

添加物を一切使用せず、小麦粉も国産を使っていたりと
材料にこだわって作られているだけあり、
しっかりとバターの香りがするこのデニッシュは
一度いただくと本当にクセになる美味しさです。
冷凍して、少しずつ大事に食べていたデニッシュも
今朝でおしまい。
とっても楽しませていただきました!

Mさん、いつも美味しいモノをどうもありがとうございます。

リンデンバウム
青森県弘前市城東中央4-13-10

ゆず巻き大根


先日の料理部に持参したゆず巻き。
埼玉の祖母が住んでいる地域では、この時期に作り
お正月にいただきます。
私はいつも食べるばかりで、作った事がなく
大学生の頃、祖母の家のこたつにあたりながら、
大根にゆずの皮を巻くのを少し手伝った記憶があるくらい。
というわけで、祖母に電話をし、作り方を伝授してもらいました。




~作り方覚え書き~

1、大根を薄い輪切りにする
2、天日で約1日半乾燥させる(巻いても折れないくらい程度に)
3、ゆずの皮を細切りにする
4、細切りにしたゆずを②で巻く
5、タッパーなどに④をギュッと詰めながら
並べ、三杯酢をひたひたになるくらいまで入れる
6、1日経てば出来上がり






大根は、太すぎない方が輪切りにしやすいこと。
乾燥させすぎても、ゆず皮を巻いて三杯酢に浸すと
程よい食感になること。
などが、祖母から聞いて実際に作って納得したコツでした。
大根も「何ミリの厚さがいいのかなー」とかいろいろ悩みながら
切っていましたが、やっていくうちに、要は巻ければいい。
と、わかってきました(←本当? 笑)
ある種開き直りのような感じですが、まあ実際そうだったので。

おせち料理やこってりとしたごちそう料理の箸休めとして
オススメです。





クリスマスのおくりもの


我が家にもたくさんの贈り物がやってきました。








娘の大スポンサーの1人である
妹からは、アメリカから可愛い
モノをたくさん。
娘へお洋服と










パンが大好きな娘のために
パンの形をしたタッパー(笑)
アメリカのキッズ達はこれにサンドイッチを
入れて通学するのかな?
ポップな色合いがなんとも楽しい。
お出かけのときの必需品になりそうです。






そして、妹が大絶賛していた
Scharffenbergerのココアパウダーと
カカオ85%のチョコレート。
昨日のおやつにココアを飲みました。
美味しー♪
冬はココアが飲みたくなる季節。
タイムリーなプレゼントをありがとう。







ドレッシングサーバーも海を越えてやってきてくれました。



「よく割れないで来たね~、いいこ♪いいこ♪」と
なでたくなる感じの
ほっこりとした形。
これをみた瞬間なつかしい気持ちになったのは
義母の代から家にあった
保存瓶のガラスの雰囲気と似ていたからだったのね。
と、何だか嬉しくなりました。










じいじ&ばあばからは、DROP IN THE BOXと
音の出る絵本を。
これでたくさん脳を活性させてね(笑)

娘はご近所や知人からもクリスマスプレゼントを頂戴し、
親としては感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、クリスマスカードもたくさん届きました。
カードはリビングの良く見える場所に飾ってあり、
それを見るたびにあたたかい気持ちになります。

そんな幸せな気持ちにたくさんなれるから
クリスマスが大好きなのかもしれません。




クリスマスのお祝いゴハン

今年のクリスマスは、娘も一緒に食卓を囲みました。

ローストチキン。まわりにはじゃがいも、人参、ブロッコリーを。


たことパプリカのマリネ。
つめたく冷やしたマリネはさっぱりといただけて
暖かな室内で食べるとさらに美味しい♪


海老とマカロニのグラタン。


レタスとルッコラのサラダ。
プチトマトも入っているのですが、隠れてしまいましたねー^^;


イチゴのショートケーキ。
卵と生クリームのあわ立てとデコレーションをオットに託したので
8割がたオット作です。
ちょうど美味しいイチゴをたくさん頂戴していたので
これでもか!というくらいイチゴをのせています。
娘の1歳のお誕生日のときは、和菓子のケーキ(中身は羊羹 笑)に
したので、娘にとって今回が初のデコレーションケーキ。
案の定、すごい速さで食べておりました。

おうちでのんびり、クリスマスごはん。

今年もこうして、クリスマスをお祝いできた事に感謝です。



おいしい*たのしい湘南ママ料理部へ

lunita家で開催している、おいしい*たのしい湘南ママ料理部に
ゲストとして参加♪
かねてから、ブログ上で料理部の活動を興味深く拝読していたので
この日をとても楽しみにしていました。
今月のテーマは郷土料理。

ということで
埼玉の祖母が住んでいる地域で毎年この時期になると作っている
柚子巻き大根を作って持っていきました。

メインはたこ焼きともんじゃ焼き。これを焼きつつ
他の方が作って持ってこられた郷土料理を堪能するという
なんとも素敵な会。
どれもこれも美味しいモノばかりで
ついつい、たくさんいただいてしまいました~。
くわしい料理部の様子はこちらで♪

lunita、お誘いどうもありがとう。
そして料理部のみなさま、楽しいひとときをご一緒させていただき
ありがとうございました。
娘を追いかけるのに精一杯で、お手伝いが出来ず申し訳ありませんでした。

そんな魅力的なおいしい*たのしい湘南ママ料理部の活動模様とともに、
lunitaが今月の雑誌「こっこクラブ」に
キラキラ☆ハッピーママとして素敵に紹介されています♪


新杵 焼豆大福


先日会った友人にお土産でいただいた焼豆大福
なんでも、松任谷由美さんがananでオススメしたことで
有名な大福なのだそう。
そういえば近頃、「極上のおやつ」という
非常に気になる本が出版されたっけ。
なんて事を思いながら、緑茶とともにぱくり。
餡が上品なお味で、豆が良いアクセント。
小さな大福なのでスルスルと
何個でもお腹の中に入ってしまいそうです。

昨日で、年賀状のプリントアウトが終了~。
ここまでくると、何となく安心。
あとはメッセージ書き。
ひとりひとりのお顔を思い浮かべながら・・・♪





セルフィユのミルクジャム

素敵なクリスマスカードとともに

tomocameraさんより、セルフィユのミルクジャムをいただきました。
ずっと気になっていたお店のモノなので、とっても嬉しい♪
アールグレイの風味が紅茶好きにはたまりません。
こっくりとしたお味。
美味しいものをどうもありがとうございました。

飛び出す絵本のように星が流れているカードは
娘の心をつかんで離さず、もう釘付け!
さわりたくて仕方がないようなので
手の届かない場所に飾っています(^^)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。