2010年02月

日本の手仕事


「手仕事」ということばの持つ響きや作品そのものが大好きで
ことばにつられて本や雑誌、展示会やお店などで
見入ってしまいます。
D&Department は、そんな手仕事のモノや日本のよいモノが
ほどよくミックスされた気持ちの良い空間。
ちょっとしたモノでも、それがあるだけで日々の暮しが愉しく快適に
なりそうと思う物が多く、何度でも伺いたい場所です。



そんなちょっとしたもの・・・。
以前愛用していた蚊帳生地の台ふきん。
使って使ってボロボロに。
なかなか同じような蚊帳生地に出逢えず
間に合わせで使っていた台ふきんは
漂白しても黒ずみが消えず悲しい気持ちになっていたときに
奈良の白雪ふきんをお店でみつけました。
高森寛子さんのご本にも取り上げられているこちらの布巾、
東大寺の大仏様の御身拭い用にも選ばれたそう。
なんだか御利益(?)もありそう(^^)
一日が終わった後に漂白し、
翌日真っ白な台ふきんで一日を始められる
そんなちょっとしたことだけれど
すごく気持ちがよいです。


後日高森さんのご本を借りてきました。



こうして、何かがきっかけで順々に興味あるモノ・コトを
掘り下げていくプロセスが楽しいですね。









にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

フォカッチャランチ

木曜日までずっと雪雲におおわれていた一週間。
こんなときは家でお友達親子とおしゃべり&ランチでリフレッシュ♪
子ども達も家の中でおおはしゃぎです(^^)
「お昼ごはん用意するね」と言ったものの、「家にあるもので何を作ろう??」
こうして、あれこれ考える時間もまた愉しいひととき。
スープをミネストローネにしたので、パンはフォカッチャを焼きました。

ホームベーカリーに強力粉やオリーブオイルなどを投入して一次発酵まではおまかせ。
その後成形し、もう一度発酵させてオーブンで焼くだけなので、本当に助かります。
この冬の寒さでもローズマリーは元気なので、ベランダから採ってきてパン生地に
ハラリ♪ お塩はカウアイ島の赤いお塩を。こうして素材を楽しめるのも
シンプルなパンだからこそ。手づくりの醍醐味ですね。






















普段はトーストをのせて毎日活躍している木のトレイ。
このときは、こんな感じでチーズやバターなどを。
どんな風に使ってもサマになるので、とても重宝しています。


重宝しているといえば、こちらも。
ときどきオイルを塗ったりして、大事に使っていたのですが
先日、私の不注意で落として欠けさせてしまいました(涙)
週末に修繕する予定です。


何はともあれ、パンとスープとサラダの簡単ランチでしたが
お友達とのおしゃべりがなによりの御馳走♪
2人とも上のお子さんの幼稚園のお迎えがあり
あまりゆっくりは出来なかったけれど
また集まりましょうね。




ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村





お雛様

長女が産まれてから3年。ずっと懸案事項であったお雛様。
次女の初節句を来月に控えた今年、かねてから「家にいらしてくれたら・・・」
と願っていた奈良の一刀彫のお雛様をお迎えすることができました。


母にはここ数年何度となく「お雛様どうするの?」と言われておりましたが
やっと出逢うことができ、今はリビングでお雛様を愛でるひとときが大好きです。
好きなお雛様を選ばせてくれた両親に感謝しています。



リビングのキャビネットの上には、義母が生前所有していた昭和初期のお雛様と
一刀彫のお雛様が仲良く並んでいます。
どちらもコンパクトながら並ぶと静かな華やかさ(?)みたいなものを感じます。
家の中には春が来たようです。



ずっとずっと娘たちの成長を見守ってくださいね。








にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

お茶時間

友人とのお茶とおしゃべり。
私の大好きなひとときです。
このとき以来ぶりにいらしてくれた友人。
今回もスコーンを焼きました。





















かなり久しぶりにパウンドケーキも。
久しぶりすぎて、後で入れようと思っていて
残しておいた三分の二量の砂糖を入れ忘れ(汗)
焦りましたが、試食してもらったオットには
甘さひかえめでこれはこれでオッケー♪
と言われ(ホッ・・・)、次回も砂糖はこの量で
いこうと思ったのでした(笑)
その話を友人にもしたところ「そそっかしいところもあるのね」
と、言われましたが、そそっかしいところだらけですから~^^;
スコーンにクロテッドクリーム&ジャムをのせて
紅茶とともに。
何度食べても飽きることのない、大好きな組み合わせです。


長女もお客様とのお茶時間を楽しみにしていて
「わーい ピーパーピー(ティーパーティー)だ!」と
はしゃいでいたのですが、いらっしゃる前に珍しくお昼寝。
しばし静かなひとときを友人とすごすことが出来ました。


友人から頂戴したお菓子はどれも私を魅了するもので
おやつの時間に長女と愉しませてもらっています。
素敵なひとときをありがとう。




ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村









子どもと一緒に

雪が降った先週の1週間。
しっかり朝の7時前から雪だるまだけは作らされましたが^^;
あとは家篭りの日々・・・。
長女とパンを焼いたり、


クッキーを作ったり、


こんな電車やバスも作ってみました(^^)


長女も3歳をすぎ、一緒に何かをしたり、作ったりを
楽しめる年齢になってきました。
そんな中で出会った1冊の本。

「ひなちゃん」を知ったのは、実家で読んでいる新聞で。
ひなちゃんのとても可愛らしく、時にはユーモアたっぷりの
様子が本当にほのぼのしていて、すっかりファンになってしまいました。
ひなちゃんの漫画が素敵なのは、歳時記をとても大事にしているところ。
そんな歳時記がまとまった本。
歳時記にまつわる漫画と解説が載っています。
穀雨、白露、寒露など馴染みの無い言葉も・・・。
子どもと一緒にこの本で学びながら季節を愉しみたいと
思っています。

我が家の常備薬

のど用、鼻用、風邪用など・・・
食器棚の手にとりやすい場所にコンビネーションレメディを常備する
ようになったのは、去年のこと。
以来、喉が痛いなぁ、寒気がするな、というときに
この小さなショ糖玉を口に入れています。


もちろん、症状によっては病院のお世話になることもありますが
授乳中ということもあり
その前に自分で出来るケアがあるというのは心強いです。
長女はこの甘いレメディがお気に入りなので
ウソの咳^^;をしてレメディを欲しがります。
一番有難いのは、次女のような赤ちゃんにも水で溶かして
スプーンであげられること。
急に冷え込んで次女の鼻水が止まらなくなったときに
鼻用のレメディを水に溶かして飲ませたら、1日半後くらいに
おさまったのは、本当に驚きでした。


立春を迎えましたが、まだまだ寒い2月。
季節の野菜を沢山いただき、そしてセルフケアをしつつ
冬を元気にのりきりたいと思っています。


洋鍋のあるテーブル2

このときいらした友人が、たくさんの美味しいお土産と共に
泊まりに来てくれました。


シニフィアン・シニフィエのパンにエシレのバター
長女には苺、それから、それから・・・と
友人が手渡してくれるたびに、歓声をあげっぱなし(^^)
お茶を飲んだあと、さっそくテーブルに並べて愉しい夕飯の始まりです。
今回も洋鍋を使い、牛肉をたっぷりの野菜と一緒にコトコト煮込みました。
なんといっても、圧巻だったのは友人が持ってきてくれた
シニフィアン・シニフィエのパンとエシレのバターの組み合わせ♪
「こうするともっと美味しいの」と、友人自らトーストしてくれて
バターをのせていただいたチャバタの美味なことといったら!
クラクラしてしまいそうでした。
美味しいパンをいただきながら、時間を気にせずにゆっくり。
オットが子ども達や寝た後も、2人で夜中までしゃべっていました。
こういうひととき、とっても楽しいですね。






































次の日はお天気もよかったので、鎌倉へ。
市場や市場の中のパン屋さんに、いつも新しい発見のある
なると屋+展座さん・・・。観光というよりはお気に入りのお店へ
案内(というかお付き合いいただいた)するという感じでしたが、
楽しんでくれたようでホッとしました。






友人とすごした休日。
沢山の元気をもらった二日間でした。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。