スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄昏泣き


夕方になると、ぐずぐず泣き始める次女。
生後1か月になる前くらいから続いています。
長女のときもありましたが、果たしていつまで続いていたのか・・・。
メモでもいいから、記録をつけておくべきでした。
午後、2人が寝ている間に夕飯の用意をすませ、台所を
きれいにし、洗濯物をとりこんでたたんで、と
黄昏泣きに向けスタンバイしています。
今まで、長女のお昼寝時間は私のお茶時間だったり
本を読んだりと自分の時間として使えていたのが、
バッタリ無くなりました(涙)
時期がくれば終わる、と自分に言い聞かせながら
早くおわってほしいと思いながら。
ひとしきり泣くと、夜中まで寝て授乳すればまたすぐに寝ると
いった感じなので、夜に関してはかなりラクな方だと思います。

というわけで
ほぼ毎日、抱っこ、授乳しながら、
もしくはベビーラックを(足で^^;)揺らしながら夕食。
隣では、長女が「麦茶が飲みたい」や、「落としちゃったー」
「こぼしちゃったー」、「おかわり」、「食べられない」など
こちらも日々賑やかに様々な要求があるので
自然とワンプレートにお惣菜を盛り付けるスタイルに。
その後の食器の片付けを忙しなくして(ずーっと泣かれると落ち着かないですね。)
大事にしている和食器を割ってしまったら悲しい。という理由もあります。
お惣菜は、母が作ってもたせてくれました。
我が家の食事はこのお惣菜にかなり助けられています。
それに、ちょこちょこと何か作って玄米と味噌汁と主菜を
組み合わせています。





関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。