スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家づくりをふりかえる(リビング&ダイニング)

長女は再来年、小学生になります。
子どもが小学生までにはお家を・・・。と考える友人達も多く
今年の夏ごろから相談を受けることが増えました。
そんなやりとりの中で、4年前の家づくりの事を今更ながら
覚書しておこうかな、と思います。
今は一時的に住んでいない自宅へ懐かしさもこめて。





まずは、全体的な間取りから。
間取りは3LDK、述べ床は約100㎡の3階建てです。
2階にリビング・ダイニング、キッチン、お風呂、洗面スペースなどが
集合しています。
2階建てで100㎡であれば、比較的ゆったりとしたリビング&ダイニング
がとれたと思いますが、3階建てで100㎡なので
リビング&ダイニングで10畳ちょっと。
そして、リビング階段も取り入れているので
変形した空間になっていて、その分家具の置き場に
苦労しました。
本来なら、矢印で示したところにダイニングテーブルを持っていきたかった
ところなのですが、横にリビング階段が存在するため厳しいのです。
置けないこともないのですが、長女と次女が2人で並んで走って
柱に頭をぶつけたりしたので、この場所に置くのを
あきらめています。入居当時はこんな風に置いたり・・・。
試行錯誤しております^^;





床はリビング&ダイニングのみ無垢材(ブラックチェリー)です。
皆が一番長くいるリビング&ダイニングだけでも無垢材で床を作る事ができ
これはとっても満足しています。







そしていろいろ、話題に出しているキャビネットがこちら。
天井から床までの造り付け収納で、間が空いているタイプです。
このスペースに電話線や電源を取ったので、電話台代わりにも
なっています。上には本を下には文房具やCD、DVD、
取扱い説明書など細々したものから、
プリンターなど収納力抜群なキャビネット。
リビングで使うほぼ全てのモノがこの中に収納されています。



そして中がどんな風になっていようとも
扉を閉めてしまえば片付いた感が出るところも^^;気に入っています。
本来なら、上の吊戸棚部分が無く、下の部分がゆったりと長く
とられている方が圧迫感も少なく、格好良いのだと思いますが、
狭いスペースを有効活用するには
一番良い方法だったと思っています。


ただ、全く無いとは思っていなかったけれど、家づくりの最中は
そこまで考えられなかった今回の転勤!
今住んでいるマンションにも造り付け収納があったので
本当に助かりましたが、無かったらどんな風になっていたのだろう。と
考えるだけでちょっと気が重くなります。



季節のモノを飾る場所としても重宝しています。


それと、造り付け収納は当たり前ですが移動が出来ないので
模様替えしたくても、選択肢が狭まります。
メリットも沢山ですが、考えておかなければいけないことも有るのは確かです。
書き始めたら止まらず~、熱く語りすぎました^^;
長くなったのでつづきます。



いつも読んでいただき、
また応援クリックもいただきありがとうございます。

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村






関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。