広松木工 「子どものいすをつくろう」ワークショップへ

チェストを購入して以来、大ファンの広松木工さんでシェーカーキッズチェアを
作るワークショップに参加♪
本店のある大川へ出かけました。


最初に椅子の木枠部分を選び・・・
(ビーチ材のみですが、木の表情を選んでください。とのことでした(^.^))



次に座面の色の組み合わせを決めるべく、お手本をよーく見て



作業開始!
最初に横にテープを巻き
巻き終わったら座面にクッションを入れてもらい・・・



その後、縦にテープを編みこんでいきます。
強度を増すよう、座面の裏も同じく編みこんでいます。




編み終わったら
最終調整を家具職人さんにしていただき







完成しました!

家具職人さんにピシッと調整していただいた椅子は
自分たちが作ったとは思えないほど、素敵に仕上がりました。
座面の色決めで若干もめましたが(笑)
家族で何かを作るのは楽しいですね。
大切に使います。

ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援↓クリックいただけると大変嬉しいです。

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村








関連記事