ティーマの本と26㎝と21㎝の使い分け我が家の場合

「ティーマがあれば 北欧の白い皿に盛るレシピ」
購入しました。
ティーマの白、21㎝に限定して料理家の方たちが作る料理がティーマの魅力を
存分に引き出しています。
(表紙カバーをとったらカッコいい写真が現れました)

圧巻はOGINOのシェフが作るオーブン料理!
たしかにお皿の裏には OVEN TO TABLE と記載があるけれど
オーブン料理では使ったことがなかったです。
いつもながら大胆で美しい盛り付けにため息・・・。
OGINOはいつかは伺ってみたいお店です。
以前、友人のお土産でいただいたパテレバームースのお取り寄せは体験済み♪
どちらも絶品でした。



ティーマ21㎝は我が家でも大活躍。
毎日使っています。
21㎝、26㎝ともに5枚ずつありますが
日常づかいは21㎝。




26㎝は友人たちと囲むテーブルに欠かせません。
こちらは持ち寄りランチの様子。(昨年9月)
26㎝とティーマのボウルを合わせています。




ワンプレートランチ風に26㎝プレートに盛り付けたところ。

そしてデザートは21㎝のプレートに盛り付けています。
どちらも我が家に欠かすことのできない大事なお皿。
これからも、どんどん使います(^.^)


ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援↓クリックいただけると大変嬉しいです。

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村









関連記事