狭さの利点

結婚式で頂いてきた花を飾りました。
家の中に花があるとリラックスした雰囲気になります。



何度かブログにも書いていますが
我が家はリビング&ダイニングで10畳ちょっとと
かなり限られた空間です。
キッチンのすぐそばに階段があるため、ダイニングテーブルをキッチンカウンターに
寄せて置くことが出来ず、リビングとダイニングの中心にダイニングテーブルを
置いています。

もう少し小ぶりなテーブルにすれば、キッチン側に置けるのですが
幅150㎝のテーブルは、食事は勿論のことオットが仕事をし、長女が宿題をし、
次女がお絵かきをし、私がパソコンをするのにとても便利な大きさです。






ダイニングテーブルをリビング側に持ってきているので
ソファを置く余裕がなく、ラグとクッションで思い思いにくつろいでいます。
今まで幾度もソファを置きたい衝動にかられた事も
ありますが、購入までいたらないのはダイニングテーブルをリビング&ダイニングの
中心に持ってくるいわば「ちゃぶ台スタイル」がしっくりきているから
なのかもしれません。

子どもと私は平日の夕食時はTVをつけませんが、帰りの遅いオットはTVを観ながら
夕食を食べます。これもテーブルから直接TVが良く観える狭さの利点です。





にほんブログ村 トラコミュ リビングへ
リビング






もう1つは、部屋がコンパクトな分、家具が目立つこと。
ヤコブソンランプ、ファブリックパネル、モミの木バスケットの
コーナーはとても気に入っていて、こういうちょっとしたコーナーが
効果的に映える気がします。



     




そう考えていくと
狭いなりの良いところも見えてきて
一層家や家具に愛着をもつことが出来るようになりました。





狭くても、あきらめなくていい 収納のルール








いつもご訪問&クリック↓をありがとうございます。

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村














関連記事