スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鯛かぶら


鯛のかぶとと小かぶを使って鯛かぶらを。
以前読んだ小泉武夫先生のご本の中に
「魚のあらばかりを扱った専門店を作れば絶対に流行る!!(儲かるだったかな?)」
というような内容が書かれていたのを思い出し、納得。
鯛からは美味しい出汁がでて、しかも骨の間の身は驚くほど柔らかく、
しかもリーズナブルな価格となれば言うことなし(^^)
とろけるようなカブとともに、たっぷり堪能しました。

今日は鏡開き。
年末バタバタしていて、お餅もお供えせず・・・。
しかも昨日だとすっかり勘違いしていた私は
形だけでもと、昨日のうちに娘とおやつにぜんざいを。(←全く形にもならず)

そんなこんなで空振りばかり。
でも、先ほどご近所からお汁粉を頂戴し
有難く、お昼にいただきました。
娘が産まれてから、より一層日本の行事を大切にしたいと思う気持ちが強く
なってはいるけれど、行動が伴っていないなー。
反省です。





関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。