スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離乳食まとめ

1歳4ヶ月になりました。

餃子を手づかみでむしゃむしゃ食べる娘の姿を見て、離乳食も
おわりに近づいてきたなぁと感じている今日この頃。
ゆるーく心がけてきたことを覚え書き。

ゆるいといえば、開始時期もゆるかった(笑)
7ヶ月から始めました。
よく大人が食べているモノを欲しがるようになったら
離乳食を開始する・・・となっていますが、娘はまったくそういう
仕草がみられなかったので、まだいいのかなー?と思っていたら
7ヶ月になってました。
昨年厚生労働省から発表された「授乳・離乳の支援ガイド」では
従来の「5ヶ月から開始」が「5~6ヶ月から開始」に変更されたのは、10年前よりも
全体的に開始時期が遅くなっている傾向にあるからのようです。
確かに、寝返りや歩くのが早い子もいれば、ゆっくりの子もいるので
そう思うと、食事もその子のペースで始めれば良いのかもしれません。




そんな感じで最初からチカラの抜けていた離乳食作り。
ひとつだけ心がけていたのは、「きちんと出汁をひく」ということ。
日本人に生まれたからには、
和食好きになってほしいという気持ちもこめて。
まあ、きちんと・・・と言っても昆布を入れた鍋を火にかけ
他の事をしていて、グラグラ煮立たせてしまうこともしばしば^^;
なかなか、丁寧に出汁をひくまでにはいたっていませんが
少しは成果があったのか、出汁で煮た大根やお豆腐が大好きな娘。
このまま和食好きに育って欲しいなと思っています。

和食といえば
「分とく山」野崎さんのご本、『和の離乳食』はとても参考になりました。




産まれてから半年以上母乳で育ってきて
粒をなくすまで磨り潰したお粥から、だんだんと固形のモノが
食べられるようになってきたんだなぁと
赤ん坊の生命力の強さを改めて感じ、ちょっぴりじーん(涙)。
娘の食事はまだ始まったばかり。
選択するチカラを身につけられるよう、
そして楽しみながらゴハンを食べられるよう、
それだけは、娘に伝えていこうと思っています。


~好きなモノ~
イチゴ、ヨーグルト、大根の煮物、味噌汁、パン
いとまきの歌、クインテット、携帯電話
各種リモコン、乳液などのボトル、くし
冷蔵庫の中を見ること
電子レンジの扉を開け閉めする(させる)こと

~話すことば~
「どーじょっ」、「ハイ!」、「うん」、「こりっ(これ)」
「おいちー」、「はーい(乾杯)」、
「ガーコ(お風呂にいるアヒルのおもちゃ)」
「ゴ(いちご)」、「かーいー(可愛い)」
「ワンワン(何故かこのときだけ小声 笑)」
「ヨイショ」
私が「しゅっぱつ~」というと「ゴー」と返す

特に「どーじょっ」、「ハイ!」、「こりっ(これ)」を駆使して
主張しています。
抱っこして欲しいときも手を広げて「どーじょっ」
日頃の抱っこ攻撃で腰の痛い私としては
いやいや遠慮しておきますという感じなのですが^^;
ただ、少しずつ意志の疎通がはかれているのは喜ばしいことです。


~食べる量~
御飯なら約100g、食パンは6枚切り半分~1枚
おかずは、直径15cmのお皿ひとさら分



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。